『民間活動』開始

    ●『民間活動』の開始

     大規模戦争無しにスサノオとの決着をつけ、殲術再生弾1発分の余裕を得た灼滅者達。
     七度目のサイキック・リベレイターの投票の結果、灼滅者達はサイキック・リベレイターを照射せず、「民間活動」を展開することで、一般人の協力を得る為の作戦を実行することを決めました。
     残弾があればサイキック・リベレイターを照射せずとも、万が一の防衛戦の際でも殲術再生弾を使うことが可能です。

     そのためにまず「より多くの人々に周知されるようにダークネスと戦う事で、情報が伝播せずとも、真実を知る人の数を直接的に増やす」ための活動を行うことが決定。
     灼滅者達は各種事件を解決する傍ら、人々に自分達の活動を広めて行きます。
     その活動の過程で、これまで判明していなかった『七不思議の都市伝説』の頻発も判明し、灼滅者達は対処に当たっています。

    ●VSヴァンパイア

     ヴァンパイアは一般人を闇堕ちさせて配下とする事で、戦力の拡充を図っているようで、一般人の闇堕ちが発生しています。
     ヴァンパイア達は、この闇堕ちした一般人が事件を起こす前に、回収部隊のヴァンパイア達が確保して連れ去ることで、武蔵坂学園に察知されずに戦力を増やしていたようです。
     灼滅者達は闇堕ちした一般人への対処と、回収に来るヴァンパイアの迎撃の2チームに分かれて、事件の解決を行っています。

    ●VSご当地怪人

     ご当地怪人は、相変わらず世界征服を目指し地道な活動を続けています。
     時に親しみやすい外見であることもあるご当地怪人。
     灼滅者達は、ギャラリーとなる一般人に、善悪いずれであるかを示しつつの戦いを行う形になっています。

    ●VS七不思議の都市伝説

     日本各地の学校で、学校に伝わる『七不思議』にまつわる都市伝説が出現。
     生徒達が被害に遭うのが予知され、灼滅者達は対処を行っています。
     同様の事件が頻発するのには、原因がありそうですが……?

    ●関連するあらすじ